スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

今だったら書ける気がするので。

2009.02.16 *Mon
久々に文字を打とうかなと思います。
5000字超えるのは1年書いてないし、SSですら半年書いてないんで
そうとう文章力落ちている気がします。
が、打てる時にうとうかなと。

登場人物の設定は特にない散文のつもりだったんだけど
思いっきり書いちゃった感あります。すいません。
薔薇っていえば確かに薔薇です。すいません、すいません。
別館つぶしたからここ以外にあげるとこないんですよ!(言いわけ

んーもうゆずりさんに捧ぐとかいってもいい気がしてきた。

まぁ、覚悟を決めた方だけどーぞ。
苦情は受け付けないんだぜ!




昔だったら、もう少し素直だったかもしれない。
寂しいとは言えなくたって、相手しろぐらいは言えてた気がする。
いつの間にこんなにも遠くなったんだろうな。

近くにいるはずなのに、手が届かなくて。
はぁと息を漏らせば靄で視界が白くなり、
遠い彼らがさらに遠く感じる。一瞬だけだけど。

笑顔を見ていて確かに自分も嬉しいはずなのに
なんでかどうにもうまく表現できない。

もどかしい。

殴ったらこっち向くか、なんて考えたけど
それもできなかった。昔ならよゆーだったのに。
きゅっと握った拳は行くあてがなくて
しょうがないので、あいつの背後にそっと近づいてそっとひっぱる。

気づけ。
気づけ。
これ以上譲歩できないんだから。
気づかなかったら今日は帰るぞ。

それが伝わったどうかは知らないが
笑顔を張りつけた気持ち悪いほど幸せそうな顔で振り返ってきた。

とりあえず、自分がこんなに悩んでるのにって悔しくなったので、まず一発殴ってやった。
うん。一回できれば後は場の雰囲気と勢いでどうとでもなる。
大丈夫だ。

次々とギリギリのところで避けていくのをゆっくり追い詰めながら、口でもあることないこと言って責める。
ホントはそんなことがいいたいんじゃないけど、そんな恥ずかしいこと言えるわけがない。
だからこんなやり方で距離を測る。自分はなんて不器用なんだろうと思って思わず笑ってしまった。
でもこんなこと考えながら相手の反論をねじ伏せてるんだからやっぱりある意味器用な気がしないでもない。

「いや、なんかホントよくわからないけどゴメンって」
「なんでわかんねぇだよ、ばーか!」

壁際に追い詰めたところで一発軽く殴るってやつから離れる。
この殴りあい(といっても一方的)の間だけは自分しか見てない。
それが嬉しくて、そう感じる自分は本格的に末期だと思う。

早く気づけよ、ばか。

こちらの機嫌を取ろうと話しかけてくるやつを適当に相手しながら、どうすればいいかと考える。
でもだいたいこういうときは、これを利用して我儘言うに限る。
どうせ向こうもこれくらいはわかってるだろ。たぶん。

「そうだな。じゃぁ…」

別にいうことは大したことじゃなくていい。
自分のためになにかして欲しいだけ。それにいつも何でも聞いてくれるし。
そのとき不意に思いついたことをいうだけ。

そうすればほら 少し困ったように、眉をひそめて
仕方ないなぁって結局我儘聞いてくれる。

実はその時の顔がすごい好きだったりする。
言ったらどんな反応するんだろうな。いや、絶対言わないけど。


早く気づけ。
一人占めしたいんだ。
その声も視線も、何もかも。

でも隣を並んで歩く肝心のやつは相変わらずのアホづらで。
やっぱり気付かないよな、このばかは。

だから「寒い」と言って暇そうにしていた手を握る。
できるアピールはこれが限界。
ホントだー冷たいね、なんていいながら握り返される手にどきまぎしつつさらに強く手を握った

今はこの暖かさで満足することにする。
でも恥ずかしくなってきた!ああくそ、すべてこのばかのせいだ。






+++++++++++++++++++++++++
恥ずかしくなってきたのは私です!
「ツンデレ側からツンデレを書いてみよう」がテーマでしたが
途中から明らかにCP一点狙いになりました。←
台詞書いたらだめだった!!orz

しかし書いてる私が一番恥ずかしいです。
あーなんつー恥さらし。
ばかは愛情の裏返しですw愛のこもったばーかは可愛いと思う←
スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

■■

ほぼ All-in-One Plugin



全記事表示

プロフィール

美緒

Author:美緒

ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © 黒ヒツジと紅い金糸雀 All Rights Reserved.
Photo from FOG. Designed by サリイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。